○百人一首 崇徳院

崇徳院(すとくいん)

ボクの一番好きな百人一首です

『瀬を早み岩にせかるる滝川の

 われても末に逢はむとぞ思う』

たしか意味は

川の急流が岩で分かれてもまた

ひとつになるように、好きな人と

いつか結ばれたい、みたいな意味

 

高校3年の夏にクラス対抗百人一首

大会があってボクとクラスメイトの

猪子君が出場しました

 

そして対戦チームは1年生で男女ペア

のチーム

 

ですが2人とも事前にあんまり勉強も

せず出たので結果はもうボロクソでし

男女で仲良く楽しそうにボクたちを

追い詰めてくるのがもう、悔しくて

悔しくてなんとかボクが一矢報いた

のがこの崇徳院の句だったのです

 

あの夏からもう32年もたってるのか

懐かしいねぇ

 

なんで崇徳院を思い出したかというと

合宿生の住所に崇徳院って書いてあっ

たのです

 

へぇ~、実在するんだ

近藤でした

 

〒771-1401
徳島県阿波市吉野町柿原字植松203-3